スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
- | - | - | 応援! ブログ村ランキング

最近読んだ本

最近読んだ本。

最近はブログ書く余裕がなくて(心の)、今日は書きたいって思ってたことをいっぺんにUPしてみようかと。どこまでいけるか。。

で、最近読んだ本。
だいぶ時間経っちゃったから細かいストーリーが思い出せなかったりするが、記録用として。

【海辺のカフカ / 村上春樹】

冒頭の”カラスと呼ばれる少年”の連続に最初からくじけそうになるが、なんとか読み進めていくうちいつのまにか村上ワールドにハマってしまっていた。

最後まで不思議だらけでなんだかよくわかんないことだらけでしたけど、ナカタさんが死んじゃったのが残念でした。唯一マトモ(に思える)な星野くんのおかげでなんとか平静でいられたけど、ジョニーウォーカーさん、はたまたカーネルサンダースさんが出てきた時はどうしようかと。そして”入り口の石”でちょっとイライラ。(全然ハマってないじゃん)笑

村上春樹さんは「ノルウェイの森」しか読んでないので、偉そうに語ることは出来ないけど、ノルウェイでも思ったんだけど、両作品ともに出てくる女性たちにどうも共感できないのですね。

カフカに出てくる佐伯さんはどうしたって好きになれないタイプ。どんだけ自分好きなんだ、どんだけ悲劇のヒロインなんだww 

だからなのかな、ナカタさんの行方が気になったからこそ必死に読んでたような気がします。そして、世界で最もタフな15歳、の意味が最後までよくわからず、でした。


【僕たちの戦争 / 荻原浩】

2001年9月サーフィンをしていたフリーターと、1944年戦時中飛行訓練をしていた兵士がタイプスリップし入れ替わってしまうというお話。

これは面白かったです。荻原ワールド炸裂なかんじです。
軽いノリの健太のセリフ回しに軽くイラッとしたりもしましたけど、戦時中にタイムスリップしてからはどんどん逞しくかっこいい男になっていきます。

吾一の生真面目さ、実直さが、なんだか切なかったです。戦争は本当に悲惨です。最後はなんだか、ん〜・・複雑な終わり方でした。

2006年に森山未來さん主演でテレビドラマ化されてたんですね。ちょっと観てみたいです。


あとは

【砂漠 / 伊坂幸太郎】
ハタチ前後の大学生が読めば共感できるところがいっぱいあるかも。麻雀好きならなおよいかと。主人公の北村くんより西嶋くんがいいですねぇ。めんどくさいけど愛しい奴ってかんじでした。

【葉桜の季節に君を想うということ / 歌野晶午】
タイトルがとてもステキで期待したんですけど・・最後の大どんでん返しがおおっ!と思ったりもしましたけど、どんでん返ったあと、うーん・・となってしまいました。

伊坂 幸太郎
新潮社
¥ 780
(2010-06-29)

TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

最近読んだ本

震災以降、映画館に行く気持ちになれない。
観たい映画もあるんだけど。
それに、よく利用してた映画館の天井が震災のときに落ちて今もまだ営業してないらしい。

半身浴しながら本を読むのも日課だったんだけど
いつ地震がくるかわかんないから、ゆっくりお風呂に入ることもできなくなって本を読むペースも落ちてる。

最近読んだ本でよかったのが
「阪急電車 / 有川浩」

短編集かと思いきやそれぞれの話が繋がってる。
電車の中でたまたま乗り合わせただけの人たち。
当たり前だけど、それぞれの人生がある。

見知らぬ人の声が力になって後押しをする。
ある人にとっては迷惑な人、でもその人にもちゃんと想いがある。
主人公が切り替わっていくストーリーの組み立て方が面白い。

映画化もされるようで、これは是非観にいきたいと思ってる。
本を読んだイメージとキャストのイメージがぴったりなんだもん。


「夜の果てまで / 盛田隆二」

これは、大学生の男の子と一回り年上の人妻との不倫のお話。
文体もとても読みやすいし、まぁ刺激的ではあるんですけど
どうしても裕里子が好きになれず感情移入ができなかった。
物語的には最後はハッピーエンドなのか??

ハッピーエンドなストーリーは大好きだけど
こんな最後はいやだな。


「1リットルの涙 / 木藤亜也」

不治の病に冒されながらも懸命に生きた少女の実話。
テレビドラマ化もされてるので知ってる人も多いと思う。
(あたしは見てなかった)

ランチ中に読んでるとこみ上げてくるので
読むのをやめることもしばしば。
最後のお母さんのあとがきが辛かった。

亜也ちゃんが日記に書いてる言葉で
「なくなったものを追い求めるより自分に残されたものを高めよ」
っていうのがあって、この年まで健康でのうのうと生きてるあたしの胸を突き刺したのでした。


今は「葉桜の季節に君を想うということ/ 歌野晶午」を読み始めてる。
すっごく面白かったよ、って友達に言われて貸してもらったんだけど
今のとこ微妙(笑)

TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

Dr.伊良部一郎

奥田英朗さん「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」
読みました。おもしろかった。

心が病んでることに
自分自身は気づかないもんなんだって思う。

伊良部先生は精神科医。
太っていて、だらしなくて、
5歳児がそのまま大人になったような人。

治療もしない。
アドバイスもしない。
伊良部先生は患者と一緒に面白がるだけだ。

「空中ブランコ」の中の最後のお話「女流作家」がよかった。
ミニスカセクシーな看護婦のまゆみちゃん・・
いつも無愛想なとこが結構好き。
ロッキンジャパン読んでるし(笑)

最後の言葉が素敵だった。
奥田英朗さん自身の思いなのかなって思った。

人間の宝物は言葉だ。一瞬にして人を立ち直らせてくれるのが、言葉だ。その言葉を扱う仕事に就いたことを、自分は誇りに思おう。神様に感謝しよう。


読んでるとなんだかわかんないけど楽になれる。
悩んでることなんかなんでもないよなあって・・・

テレビ朝日でドラマ化されるようですが
イメージ全然違うよなあ。
あたしの中で伊良部先生は・・
石ちゃんしか考えられないんだなあ。

TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

KAGEROU

齋藤 智裕
ポプラ社
¥ 1,470
(2010-12-15)

水嶋ヒロ「KAGEROU」
はい。買っちゃいました。
かなりミーハーな感じもしますが
初めて書いた小説が賞をとっちゃうなんて
どんな内容なのか気になっちゃってね。。



この間、ようやく山崎豊子さんの「大地の子」読み終わって
感動もしたし、読みやすかったので「華麗なる一族」を読みだしたの。

3年くらい前に木村拓哉主演でドラマ化されたから
内容はわかってるんだけど原作はどうなのかなと。。

わかってるからすんなり読めるだろうって思ったんだけど
これがなかなか進まない。

なぜだろう。。とふと考えたんだが。。

たぶん・・万俵大介にまったく興味を持てないんだ。
っていうかキライ。気持ち悪い。
こんなエロじじいの野望なんかどうでもいいわ、って。。w

ドラマでは長男鉄平(キムタク)が主人公として作られていたから
感情移入もしやすかったのかもしれない。



なので「華麗なる一族」はちょっと中断。
明日からKAGEROU読んでみる。
なんだかすぐ読み終わっちゃいそうだけどね。
TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

青い鳥

評価:
重松 清
新潮社
¥ 620
(2010-06-29)

「青い鳥 / 重松清」読みました。

村内先生は中学の非常勤講師。国語教師なのに吃音を持つ先生の、一番大切な仕事は、ただ「そばにいること」「ひとりぼっちじゃない」と伝えること。いじめ、自殺、学級崩壊、児童虐待・・・子供達の孤独にそっと寄り添い、だからこそ伝えたい思いを描く感動作。すべての中学生、中学生だったすべての大人に捧げる救済の書。

村内先生はうまくしゃべることができない。
どもってしまうのだ。カ行とタ行は特にひどい。
風貌はもっさりしててどっからどう見てもただのオジさんだ。

その代わり、先生は大切なことしか言わない。
決して押し付けがましくなく、さりげなくそばにいてくれる。

村内先生が救った8人の生徒のお話が描かれた短編集。
でも先生は救ったなんて言わないし、思ってもいない。

電車の中やカフェでうっかり読んでると
ふとこみ上げてきて涙を堪えるのに必死になってしまう.
家でゆっくり読むのをお勧めします。

「おまもり」「カッコウの卵」が特によかった。

嘘をつくのはいけない、とか
嘘つきはドロボーの始まりだ、とか
私たちは嘘をつく人を叱ったり敬遠しがちだ。

「カッコウの卵」の中で平気で嘘をつく中学生が出てくる。
私は、コイツむかつく、最低なヤツだって思っただけだった。

でも村内先生はこう言う。
嘘をつくのは、その子がひとりぼっちになりたくないからですよ。嘘をつかないとひとりぼっちになっちゃう子が、嘘をつくんです。嘘は悪いことじゃなくて、寂しいことなんですよ。」と。

嘘をつくのには理由があるんだ。
その子の発しているSOSに気づいてあげなきゃいけないんだ。
この本ともっと早く出会いたかった。

大切な人の下の名前をもっとたくさん呼ぼうと思う。

それから。

私の名前を優しく呼んでくれる人を早く探さなくちゃ。
TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

千年樹

「千年樹 / 荻原浩」読みました。

木はすべてを見ていた。ある町に、千年の時を生き続ける一本のくすの巨樹があった。千年という長い時間を生き続ける一本の巨樹の生と、その脇で繰り返される人間たちの生と死のドラマが、時代を超えて交錯する。

樹齢およそ千年の巨大なくすの木。
その巨樹の萌芽から伐採されるまでの時代を超えた8本の人間ドラマ。
短編集でありながらいくつかのお話は絶妙にリンクしていてとても興味深い。

1000年前の日本は平安時代。源氏物語や枕草子が記された時代。
人間の命は繋がっていて、自分の命も誰かと誰かが愛し合って繋げられて今ここにある・・ってことはわかっていはいても、両親は50代で亡くなり、祖父母4人のうち3人は私が生まれる前に亡くなっていて顔も知らない私にはどうもピンとこない。

物語の殆どは目を覆いたくなるような悲惨で救いようのない結末で、読み進めるのがつらくなるほどでしたが「バァバの石段」はとても温かく、救われた気がしました。

恋など大っぴらにできない時代、一行の恋文にときめき
その彼を待つバァバ(昭子)のドキドキが伝わってくるようでした。


雨風に晒されながら千年の時を超え
人間の愚かな行為ををそこで黙って見続けてきた巨樹。
人の一生なんて本当に短いものなんだと思う。

どのように繋がって今ここに自分がいるのか
自分の祖先がどんな風に生きたのかすごく知りたくなりました。
TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

荻原浩2作

■誘拐ラプソディー

お金もない、家もない、女もいない、あるのは借金と前科だけのダメ人間の主人公伊達秀吉。38歳にもなっていい加減で行き当たりばったりのどうしようもない男だ。

だいたい名前からしてふざけてる。
恩義のある親方を殴り車を奪って逃走してきた。所持金もない。もう死ぬしかないと心に決めるが死ぬに死ねない。

追いつめられて思いつくのが誘拐だなんて。この短絡的な男に腹が立ちながらも読みすすめていくうち、いつの間にか引き込まれていった。

誘拐される6歳の伝助がおもしろすぎ。
これまたふざけたネーミングだけど実にキュート。
クレヨンしんちゃんみたい(笑)

映画化もされているようだが
内容をまったく知らずに読んだのがよかった。
思わず吹き出してしまう場面がいくつもあっておもしろかった。

荻原浩さんのこの会話のマジックにいつもやられる。
ただ、ヤクザや警察関係の専門用語(略語)が
カナで表現されてるのがちょっと鼻につく。

38歳と6歳ふたりに芽生えた友情、キズナがステキ。
オツトメ果たした後はまっとうな生活が送れるんでしょうか。

桜田が男気あってかっこいいなーと思った。
映画では誰が演じてるのかな。。


■コールドゲーム

中2のときクラスメートによっていじめを受けていた「トロ吉」による復讐劇を描いた作品です。主人公は光也、高校3年生。いじめの主犯格の亮太と仲が良いが、いじめには加わらず常に傍観者だった。

とても読みやすく、先がどんどん気になって一気に読めたのですが
最後がやりきれない。
トロ吉自身が復讐していた方がまだマシだった。

壮絶ないじめ。
少年たちは少しずつ大人になり、自分が犯したいじめという罪をなにもなかったかのように忘れて暮らしているが、いじめられた側の傷は永遠に消えない。

自分たちの生活を脅かすトロ吉という影に怯えてるのは
心からの悔恨ではなく結局は自分を守りたかっただけなんだ。

どんなに悔やんでも時間は戻らない。廣吉のね。

TOPへ
book | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

噂 / 荻原浩

「噂 / 荻原浩」 読みました。

レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミを利用し、噂を広めるのが狙いだった。販売戦略どおり、噂は都市伝説化し、香水は大ヒットするが、やがて噂は現実となり、足首のない少女の遺体が発見された。衝撃の結末を迎えるサイコ・サスペンス。
(「BOOK」データベースより)



帯に「衝撃のラスト一行に瞠目!」と書かれている。
それに気づいたのは読み終わってからだった^^;

前半はなかなか読み進められず、中盤過ぎてからおもしろくなった。
伏線が多く張られてるので読みにくかったのかも、と
読み終わってから思いました。

犯人はこいつか!と思い遡って読み直し
(お風呂の中でね。おかげでのぼせましたけど。)
あー、こんなとこにさりげなく伏線が。。と感心はしたんだけど
最後の一行には最初ぴんとこなかった。
鈍感過ぎる。。
っていうか流し読みしすぎ。

はっと気付いた時は。。。まさに衝撃でした。

でも。。なんだか残念。
こんな結末はやだなぁ・・と思ってしまいました。

荻原 浩
新潮社
¥ 660
(2006-02)

TOPへ
book | comments(2) | - | 応援! ブログ村ランキング

神様からひと言

「神様からひと言 / 荻原浩」 読みました。

大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。
(「BOOK」データベースより)

青さんおススメの本は内容が重いのが多かったんですが
これはおもしろかったです。
特に大きな事件が起きるわけでもないんですが
ドキドキハラハラ、常に先が気になってしょうがない。

第一線から外された登場人物たち。
いい加減でどうしようもない人達なんですけどなぜか愛おしい。

お客様相談室へ飛ばされた涼平は上司篠崎と出会う。
セクハラなんて日常茶飯事。いい加減でだらしなくてギャンブル好き。
女房や娘にも愛想尽かされてる。だけど憎めない。
やるときはやる。謝罪をさせたら天下一品なのだ。

WOWOWでドラマ化されてたみたいだけど
読みながら篠崎はずっと阿部寛を思い浮かべてた。
佐藤浩市もいいかなあ。。

最後はちょっとマンガチックな終わり方ですけど
すごくすっきりします。
サラリーマンを元気にしてくれる本です。

TOPへ
book | comments(2) | - | 応援! ブログ村ランキング

こころ

「こころ / 夏目漱石」読みました。

親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った "先生" という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に主人公が描かれる前半と、後半の主人公の告白体との対照が効果的で、我執の主題を抑制された透明な文体で展開した後期三部作の終局をなす秀作である。
(「BOOK」データベースより)


なぜ今「こころ」なのか。
自分でもよくわかりません。
急に読んでみたくなりました。


「こころ」は大正三年(1914年)に新聞小説として発表された。
このとき漱石は47歳。その2年後、49歳で病死したそうだ。

今から100年近く前に書かれた本だと思うと、
それだけで感慨深いものがある。

わからない言葉がたくさん出てくるが
本の後ろに注釈が載っているので助かりました。

鎌倉の海辺で「私」と「先生」は出会う。
先生って誰なの?仕事もしないで・・なんなのいったい?
なんて思ってるうちにぐいぐい引き込まれていきます。

後半の「先生と遺書」は
ナゾだらけの「先生」が「私」に宛てて書いた遺書。
心理描写がものすごく細やかで繊細だ。
ちょっとイラッとしてしまうほど。

この人は絶対ナルシストだ。
それに、ひどい男尊女卑。

親戚に裏切られた自分がひたすら
どこまでもかわいそうでかわいそうで。

そのくせ簡単に親友を裏切り、
その親友の自殺によって罪悪感に苦しむが
先生は結局、最後まで自分のことしか考えていない。
愛する妻や「私」の気持ちなんてなんにも考えてなかったんだ。

疑問を抱きながら生き続けていかなければならない妻を
いったいなんだと思ってるんだ。
なにが「純白に保存してやりたい」だ。
女を馬鹿にするな。。なんて思ったり。


まだ殆どの人が着物を着て暮らしていた時代。
誰かを愛したり、苦しんだりするのは
今も昔も変わらないんだなあ。。

 私は女というものに深い交際(つきあい)をした経験のない
 迂闊な青年であった

なんていう文章がなぜかものすごく愛おしい。

 鋳型に入れたような悪人は世の中に
 あるはずがありませんよ。
 平生はみんな善人なんです。
 少なくともみんな普通の人間なんです。
 それが、いざという間際に、
 急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。
 だから油断ができないんです。

いざという間際、というのが
金や恋、なんでしょうかね。。

 かつてはその人の膝の前に跪いたという記憶が
 今度はその人の頭の上に足を載せさせようとするのです。

自分に自信がもてない、臆病で卑屈な考えです。
でもこの表現はとても好きです。よくわかります。


残された妻はその後どうやって生きていったのだろうか。
この遺書を読んで「私」は何を思ったのだろうか。

続きが・・読みたかったです。

夏目 漱石
集英社
¥ 320
(1991-02-20)

TOPへ
book | comments(2) | - | 応援! ブログ村ランキング
/ 1/3PAGES / >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
adminrssstom
About
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links

J-wave
horoscope
Booklog
counter
qrcode
↑ケータイで読む↑

Recommend
DAY TO DAY(DVD付)
DAY TO DAY(DVD付) (JUGEMレビュー »)
STRAIGHTENER,Atsushi Horie
MAZE
MAZE (JUGEMレビュー »)
Nothing’s Carved In Stone
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】 (JUGEMレビュー »)
seagulloop渾身の1stフルアルバム。優しくて切なくて、でも前を向ける力強さもある。繰り返して何度も聴きたくなる素敵なアルバムです。
Strangers In Heaven
Strangers In Heaven (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
REVOLT
REVOLT (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
Silver Sun
Silver Sun (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
SOFT
SOFT (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
STRAIGHTENER
STRAIGHTENER (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
COSMONAUT
COSMONAUT (JUGEMレビュー »)
藤原基央,GEN ITTETSU
とげまる
とげまる (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
CREATURES
CREATURES (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
CHRONICLE(DVD付)
CHRONICLE(DVD付) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
MUSIC
MUSIC (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
Insomnia
Insomnia (JUGEMレビュー »)
細美武士,徳澤青弦
Man-like Creatures
Man-like Creatures (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ストレイテナー,ホリエアツシ,aus
Trash We’d Love
Trash We’d Love (JUGEMレビュー »)
the HIATUS
ELLEGARDEN活動休止中の細美武士ソロプロジェクトthe HIATUSの1stAlbum。
よりロックに!より美しく!
細美さんのまっすぐな想いが痛いほどに伝わる大切な大切なアルバムです。
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
seagulloop / 3969 【CD】
seagulloop / 3969 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2ndミニアルバム。
過去は振り返らない。前に進んでいこうとする強さを感じる全6曲。
loop
loop (JUGEMレビュー »)
seagulloop
1st Mini Album。冬に聴きたい「流星」は名作。「木天蓼~matatabi light menthol~」大好き。
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD] (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
HANABI、GIFTなどシングル曲満載の豪華なアルバムです。キラキラ感がたっぷり。「少年」「声」は名作です。特に「声」はライブで観客にマイクを向ける幸せそうな笑顔いっぱいの桜井さんが目に浮かびます。
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
1曲1曲すべて愛しいです。
「ギルド」は聴くたび涙が出ます。
Nexus
Nexus (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
orbital period
orbital period (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,BUMP OF CHICKEN,藤原基央
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
FLAME VEIN [+1]
FLAME VEIN [+1] (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
X&Y
X&Y (JUGEMレビュー »)
Coldplay
「FIX YOU」は私にとって永遠の名曲です。
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付)
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付) (JUGEMレビュー »)
TRIPLANE,江畑兵衛,Makoto ATOZI,笹路正徳
TITLE
TITLE (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
リニア
リニア (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
Dear Deadman
Dear Deadman (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
旅立ちの唄
旅立ちの唄 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
HOME(通常盤)
HOME(通常盤) (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
B-SIDE
B-SIDE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
馬場俊英,五十嵐宏治,渡辺剛,小渕健太郎
ap bank fes’07 [DVD]
ap bank fes’07 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists
しるし
しるし (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
フェイク
フェイク (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
to U
to U (JUGEMレビュー »)
Bank Band,Salyu,桜井和寿,小田和正
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Takeshi Kobayashi,Kazutoshi Sakurai
Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1992-1995 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Mr.Children 1996-2000
Mr.Children 1996-2000 (JUGEMレビュー »)
小林武史,Mr.Children,桜井和寿
ap bank fes’06 [DVD]
ap bank fes’06 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists,Mr.Children
ap bank fes’05
ap bank fes’05 (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists & Mr.Children
Q
Q (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
DISCOVERY
DISCOVERY (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
BOLERO
BOLERO (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史