スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
- | - | - | 応援! ブログ村ランキング

aobahitori@下北沢440

久しぶりにライブに行ってきた。

出演時間が遅いって聞いたので急遽下北沢へ。

2014.4.18(金)
aobahitori@下北沢440


行ってよかったな。

久しぶりに笑った。



セットリスト

言わんこっちゃない
繋がっていたい
僕は何をしてたんだろう
笑うが回る
さらばLOVER

en.
すいすい


前回の西川口Heartsではなんと8人編成だったようですが、440では5人編成。

この日のサポートは

はるちゃん(ギター)
えびちゃん(ベース)
せいなちゃん(パーカッション)
つった(ピアノ)

でした。



始まった瞬間、ひろきさんの雰囲気が少し変わったなぁと思った。

なんだか幸せオーラを振りまいてる。笑

声は少し低くなったかなあ、、でも伸びやかで気持ち良さそうに歌ってた。



初めて聴いた、繋がっていたい、FBなどのSNSがモチーフになってるのかな。

イントロで、あ、好きって思った。



僕は何をしてたんだろう、はほんまに名曲やー

ピアノが入るとやっぱりドラマチック。じーんときちゃう。

重なり合う2本のアコギとベースの音が心地良くて聴き惚れてしまった。



笑うが回る、はね、最初に聴いた時、いくらなんでも「回る」が多すぎやしないか?って思ってしまったんだけど、いやーさすがね、クセになるね。笑

椅子の上に立ち上がろうとしたときは、それは無理でしょーって思ってハラハラ。

目の前でビールのグラス回されたときは面白すぎてしぬかと思った笑




さらばLOVER、は吹っ切れたような歌い方だった気がした。

明るいメロディなのにね、後悔と、深い愛が入り交じる。切ない想い。。

大好きな、大切な曲です。



そして最後にすいすい聴けて嬉しかった。




さらばLOVERに行く前に、大切な人といつ会えなくなるかわからないから、家族や友人や、大切な人が言ってほしいことを言ってあげたい、っていつも言うんだけど、この日は、傍にいてくれる人、って言ってた。

うん。そういう表情だったかな。





会社でいろんなことがありすぎて、苦しくて、笑うことなんてなくて、仕事のことが常に頭の中を占領していて離れることがなかったんだけど、この30分?40分?は、きれいに忘れられた。


笑わせてくれてありがとう。

 
TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

青葉紘季2014唄い初め

2014年初ライブ
青葉紘季さんのソロライブに行ってきました。

2014.1.11(土)唄い初め@横浜BAYSIS
ヒロキさんは、seagulloop以外ではもうひとつ、"aobahitori" というユニット名でソロ活動していますが、そちらではサポートメンバーがいるのに、"青葉紘季" では、完全ひとりライブです。


去年のライブ初めもヒロキさんだった・・気がするなあ。


セットリストは
すいすい
春ヲ想フ
さらばLOVER

でした。


昨年のワンマンライブ、、あれいつだったか、12月?だったかな、そのときに、禁煙します!!って高らかに宣言したのですが、それがちゃんと続いているようでして、声がね、明らかに違っていたように感じました。声がかすれることもなく高音が伸びやかでした。禁煙効果出てました。


そいえば。。ワンマンのレポも、年末のaobahitori@新宿SACT!でのライブも書かなきゃ、って思ってるうちに年越してしまった。。

っていうか2013年はあんまりブログ書けなかったなあ。
今年はもうちょっと書きたいな。
需要はないかもだけど。記録としてね。



ライブでヒロキさんは、12月31日と1月1日の間に空白の1日を作ってほしい、って言ってた。年末のライブでも言ってたけど。1年間ずっと走ってきてやっとゴールしたと思ったら明けてすぐスタートを切らなきゃならないっていうのが納得いかないようで。笑


この前テレビで、新年の目標は?って尋ねられて、新年になったからっていちいち目標たてなきゃいけないのか、ってマツコデラックスが尋ねた記者に言い返してたけど、おんなじかんじ、、か。。(違う?)


ライブ中のトークが最近長い。面白いんだけど長い。もう一曲やれるんじゃない、って思うほど長い。前半にライブを終えた若い出演者たちが物販あたりにいて、おっさんネタだと笑ってたけど、"栞" が終わった後、いい歌だなあ...って聴き惚れていたようでしたよ。



昨年の、強い悲しみから生まれた さらばLOVER。悲壮感はなく明るいメロディで思いを綴っている。歌詞のひとつひとつに胸が締めつけられます。

音源化されるの、楽しみに待っています。

できれば、ベクさんと競演で "すいすい" を。ぜひ
TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

ナツメロウとaobahitori

書かなければ、と思いながらもうひとつき半・・
思い出しながらセトリだけでも。

8月最後の土曜日
久しぶりのシーガライブに行ってきた。
 
seagulloopアコースティックワンマンライブ
ナツメロウ vol.4 @渋谷7th Floor

毎年恒例となりましたね、シーガのファン感謝デーです。今回は、ヒロキさんと迫さんが出会って30周年記念ということで、なんとお二人の漫才(コント?)が見られました。

セットリストは。。


壊れてく夜と駆け巡る朝と、生まれ続く僕ら...
はなむけの詩

リコレクト
夕暮電車
フェアリーテイル
メリージェーンをもう一度
ツナガル


encore
沈む夕陽に背を向けて(新曲)
ナツメロウ



でしたかね。

会場に到着した時「栞」が始まったとこでした。。ので、久しぶりの「壊れてく...」が聴けなくてショックでした(泣)でもでも、「リコレクト」聴けて嬉しかったああ。ぶわぁ〜って出会った頃が頭の中広がって涙が出そうになりました。

今サラブレっぽい曲を作ったらどうなるのか、っていう思いで作ったらしい新曲は、とても切なくて確かにサラブレっぽい気がしたけど、音にも声にも大人の色気がいい具合にプラスされていて、あぁ...日々更新、だなぁと思いました。

最後の「ナツメロウ」はもはや1年に1度の、サライみたいな感覚?笑
このセトリをアコースティックじゃないやつで聴きたい!!ってちょっと思ってしまったけど、このイベントはずっとずっと続けていってほしいなあって思います。

あ。迫青葉の漫才は思った以上にクオリティが高かったです。本気出せば歌えるお笑い芸人でいけるんじゃないか。。(逆かw)
 

 

* * * * *
 
 
 
 
そして9月。
9/7(土)はseagulloopヒロキさんのソロプロジェクト
aobahitoriのライブに行ってきました。
 
ばんちょーTVさん初企画
ばんちょーTV presents
『とどけ、ぼくらのYELL / LIVE版 1回目 桜をみんなで咲かせましょ。〜』@新宿SACT!
 
出演は
aobahitori、三輪美樹生、泉沙世子
 
サポートミュージシャンは
ツタナオヒコ(seagulloop)、SEINA、飯塚直斗

 
ばんちょーTVとは、東日本大震災を機に音楽でエールを送りたいと生まれた企画だそうで、なぜばんちょーなのか?って出演してるひとり師匠さんもわからないって言ってましたが、わたしもよくわかりません。実際のばんちょーさんは小柄でかわいらしい女性なのです。
 
 
トップバッターは泉沙世子さん。
沙世ちゃんがまだ彩世という名前でインディーズで活動していたときに、seagulloopのツタナオヒコさんがプロデュースしていたこともあったようで、シーガの3rd ミニアルバム「I」に収録されている「フェアリーテイル」ではコーラスに参加していて見事なコラボを見せてくれています。見せるというか聴かせてくれています。

なのでこの日は最後にセッションもあるって聞いていたので期待していたんですけどね。。。

さよちゃんの歌声は初めて生で聴いたのですが、もうその迫力に圧倒されてしまいました。すごくキュートでかわいらしい外見からは想像できない大人っぽく少しハスキーで甘い声に胸を鷲掴みされてしまいました。どの曲だったかなぁ、ぽろっと涙が出そうになったほど。あの小さな空間でさよちゃんはお客さんの目をしっかり見ながら歌うので男性ファンはたまらんでしょうなぁ。笑


そして三輪美樹生さん。
パワフルなパフォーマンスにいつでもどこでも一気に会場はヒートアップしてしまいます。途中から飛び入り参加のように加わったツッタとSEINAちゃんはさすがの演奏。三輪さんの曲は楽しくて自然と笑顔になれるのですが、歌詞に元気づけられることが多く気がつくと泣き笑い。

セットリスト
ばんちょーさんブログから拝借)

カウントダウン
太陽と月
これでいいのだ
夢のかけら
僕のヒーロー
うたをうたおう!(新曲)
思い出ディスク
around



最後はひとり師匠ことaobahitoriさん。
心境がセトリに表われているようななんだか切ない7曲でした。
いや心境なんか知らないけど。


セットリストは。。

言わんこっちゃない
僕は何をしてたんだろう
はなむけの詩
月啼鴎
春ヲ想フ
すいすい
さらばLOVER


でした。

「僕は何を・・」で泣きましたね。「月啼鴎」「春ヲ思フ」と続くもんだから涙腺がやばかったです。前回ひとり師匠ひとりの貴重な「すいすい」聞き逃してしまっていたので今回聞けて嬉しかった。本当に嬉しかった。

「さらばLOVER」はね、ほんとにもう。。。明るいメロディなんですけどね、胸が苦しくなりました。きっと想いは届いているって信じたい。


最後は全員で「夏をあきらめて」「U」
出演者の仲の良さや信頼感がしっかりお客さんにも伝わってくるよいLIVEでした。次回のばんちょーさんの企画も楽しみにしています。


ばんちょーTV とどけ、ぼくらのYELL
http://www.youtube.com/watch?v=kFscaI2vHtw

 
泉沙世子
キングレコード
¥ 871
(2013-01-30)

泉沙世子,彩世,白井良明,ウルフルケイスケ
キングレコード
¥ 911
(2012-11-21)

泉沙世子
キングレコード
¥ 1,050
(2014-01-15)

TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

seagulloop!!!!!

そういえば最近seagulloopのライブレポを書いてないのでは...と自分のブログを遡ってみたのですが、やっぱり書いていない!!

っていうか今年はあんまりライブをやっていない。今年初が2月のツーマン@横浜BAYSISだったようだ。。

Twitterやらなんやらを遡ってセトリを書いてみようっと。



■2013.2.16@横浜BAYSIS

確かGRAND COLOR STONEとのツーマン
シーガとしては2013年初ライブ。

セットリスト

メリージェーンをもう一度
春の花
3969
ツナガル


今ではお馴染みの「ツナガル」はここで初めて披露してくれましたね。久しぶりの「春の花」にぐっときた記憶があります。

Twiiter遡ると、春の花にいく前のつったの鍵盤やばかった。素敵でした。とつぶやいていましたね。それから、続けていく決断をしてくれたことを心から感謝しています。愛しています。とも。そしてこの日はいろんな人とハグしてきゅんとした、と書いています。ふむふむ。




■2013.3.1@福岡

ライブハウスの名前忘れたw
seagulloop福岡初上陸。わたしも初上陸。

2/28に福岡入りして福岡店を訪問して、志賀島に連れていってもらって、飲みに連れてってもらって泥酔して記憶なくして気づいたらホテルの部屋で寝てたんだよなあ。初めて行った土地でそれやっちゃうんだもん我ながらおそろしい。

超絶二日酔いの中、昼間からのライブ、だったんだよなあ。大分のいさちゃんと天神駅で待ち合わせ。何年か前の音霊以来久々の再会。

セットリストは

メリージェーンをもう一度
太陽
3969
ツナガル

福岡Spiral Factoryというライブハウスだったようです。ちゃんと書いてある。笑

久々の太陽が嬉しかったのと、この日のギターサポートは現在ウィウィマーフィーでギター弾いてるはるちゃん。貴重なはるおLOOPだったせいで思い切って行こうって思ったのでしたね。すっごくかっこよかったのを覚えています。福岡在住のシーガファンの女の子とも出会えてびっくり。お話しできて嬉しかったです。




■3013.3.11@横浜BAYSIS

セットリスト

春の花
ツナガル
春ヲ想フ

この日のために作られた春ヲ想フ。。この日にやるのはわかってたはずなのに不意をつかれて涙が止まらなくなった。(と書いてあった)




その後は確かゆうごくん主催のライブがあって。ひろきさんと三輪さんたちのユニットのライブがあって....ん〜〜ちょっと思い出せないけど、4月にタオルズと一緒に回ってきたツアーのファイナルがありました。




■2013.4.27@横浜BAYSIS

OAとして、タオルズ田口くんとシーガひろきさんとのユニット、東京LOOPSキャプテンと副キャプテンのコンビ、でなんとサラブレンドの名曲「夕暮電車」をやってくれました。最初からお客さんのテンションMAXでしたねー

あと、ひろきさんが大好きだと言うタオルズの「コールミー」。すごくいい歌だったなあ。このふたりはすごくいいコンビでしたね。歌が歌えるお笑い芸人でやっていけるのでは。。なんて思ったり。なんて。


セットリストは

恋の歌
メリージェーンをもう一度
天国
海月
3969
ツナガル


今あらためて思い返すと、この日のセトリはやばいですね。このときの感情はきっとこの日だけのもので。。どんな想いで「光」を、「天国」を歌ったのか・・・驚くほどにプロフェッショナルでしたね。


アンコールの声に応えてくれたのはシーガではなく、この日だけのもうひとつのユニット「nishidaloop」。タオルズ西田くんと、ひろきさん以外のシーガメンバー。西田くんの歌う「木天蓼〜」盛り上がりましたね。


最後に確か「U」でしたね。
らららの大合唱。素敵でした。





そして6月は、BARICANG結成5周年祝いのライブがあり、先週は久しぶり、というか2013年初渋谷ライブということで、CLUB CRAWLでのライブがありました。渋谷初、というより、渋谷のライブハウスは初、ということでしょうね。確か渋谷マルイシティでのフリーライブがありましたからね。わたしは行けませんでしたけど。




今日はとりあえずここまで。
6/21BAYSISと6/27CRAWLのレポは次回また。



明日は久しぶり、逗子の音霊シースタジオでライブがあるようです。思い切って午後お休みとって海にいっちゃおうか。海を見たら今のもやもやも吹き飛ぶかな。。

行けないけどね。

明日、晴れるといいね。
TOPへ
seagulloop | comments(2) | - | 応援! ブログ村ランキング

ライブメモ

そういえば最近ライブネタを書いてない。

今年に入っていくつか行ってるけど、もうなんだか忘れてしまった。最近すぐ忘れる。嬉しいことも悲しいことも。

人はこうやって忘れて生きていく生き物なんだね。なんてね。




■2012.12.31~2013.1.1
seagulloop@横浜BAYSIS

2013年最初のライブはseagulloop...最初というか、ライブ中にカウントダウンの時間が訪れたのでした。2012年ラストの曲は「栞」でしたね。栞が終わるとベイシスの三井さんたちがステージにやってきて「最後なのに暗い曲やりやがって」(ほんとは大好きなくせに)って言いながらカウントダウン。なんだけどバックに流れたのがFMヨコハマの時報で...どうもパッとしないまま2013年を迎えたのでした。

みんなで乾杯。そして「U」へ。この日出演していたBARICANGのノホリさんも巻き込んでのららら...すごいハッピーオーラ。幸せな新年の幕開けでした。その後はベイシスで打ち上げ。楽しかったです。



■2013.1.12
ベクトルユーゴ@下北沢MOSAiC
実質これが2013年ライブ初めでしたね。
セットリストは

ドコマデモア
グーベリ
休日、電車に乗って
鷹ノ爪
すいすい

でした。
久しぶりにグーベリ聴けたの嬉しくて。その次の曲に泣かされてしまった。ユウゴくんの詞の世界観と切ないメロディが琴線に触れる。




■2013.1.18
磯部俊行@代官山Simple Voice
磯部さんワンマンライブ。突然行こうって思い立ったから既に席はなく後方で立ち見。サスライメイカーよりも個人的にソロになってからの方が好きなのです。

うわーこの曲いいなあ、って思ったらthe frontでお馴染みの「お金を貯めて愛を買う」だったり。あとHYの「366日」じーんときてしまった。あらためて聴くとほんとにいい歌だね。それから、酔った勢いで告白しちゃう「告白」はやっぱり何度聴いてもいい。「チギリウタ」はほんとに素敵。磯部さんの優しさが表れてる曲だと思う。




■2013.1.25
ウィウィマーフィ@横浜BAYSIS
初、ウィウィでした。はるおさんがギターサポートしてる、ってことしか知らずに行ったんだけどめっちゃ楽しいバンドでした。久しぶりにシーガ友のなっちゃんと会えてハグハグしたのも嬉しかった。打ち上げがまた楽しかった。ビール飲みすぎたね。




■2013.2.5
青葉兄弟@横浜B.B.STREET
この日はcuteなドラマーSEINAちゃんのお誕生日ということで「SEINA誕生日当日!今夜一緒にいてやらNight!!」というイベントでした。全出演バンド5組のドラムorカホンで登場。

2年ぶりのライブだという&toU っていうバンドが素敵でしたね。出演者に合わせて衣装を変えて出てくるせいなちゃんの演出もよかった。&toUでは大人っぽいスリップドレスのようなワンピでドラムを。青葉兄弟では「青葉兄弟っぽいでしょ」とチェックのシャツでカホンを。

青葉兄弟も久しぶり。セットリストは

青葉兄弟の歌
南風(ベクトルユーゴ)
僕は何をしてたんだろう(aobahitori)
すいすい

でしたね。
最近、青葉兄弟の歌、笑えないです。いや、笑って聴くのがいいんだろうけど。この日は最初から少し緊張感が漂ってたかな。南風聴けて嬉しかった。ヒロキ兄さんとのギター競演はさすが息が合ってて聴き惚れました。

そしてまさか聴けるとは思っていなかった、兄さんの「僕は何をしてたんだろう」は、胸がしめつけられるようでした。苦しくなりました。涙が出ました。そして、昨年ヒロキさんのひとりライブでやったすいすいを聞き逃していたので、この日のすいすいはとても嬉しかった。あったかかった。

最後はパワフル三輪美樹生バンド。駆け抜けるような6曲(だったかな)希望のうたが大好き大好き。seagulloopから鍵盤つったとベースらんさんがサポート出演。あぁはやくseagulloopのライブが見たい!!!って思いました。それからGtがはるちゃんだったらなあ、、ってちょっと寂しかった。




■2013.2.7
ベクトルユーゴ@下北沢440
ああもうわたしったらどんだけユウゴくんが好きなの!!って感じですよね。2/5もそうだったけど平日だしちょっと辛いのよね。でも、はるちゃんSEINAちゃんサポートだし行かないわけにはいかない。笑

440は初めて行ったけど、(あ、B.B.STREETも初めて)雰囲気がすごくいいライブハウスでしたね。縦長なので後ろからだと表情ははっきり見えないけど、お酒飲みながらゆったりとライブを楽しめるちょっと大人な空間。

セットリストは
南風
昔のひと
ことば。
休日、電車に乗って
sofa surfer
鷹ノ爪
すいすい

だったと思うんだけど順番曖昧。
440は憧れの場所でこの日はとても緊張していたというユウゴくんの足は終始震えていたそうです。そんなふうに見えなかったけど。久しぶりのことば。からの休日〜、でしんみり。優しいはるちゃんのギターにうっとり。

ライブ後は葵ちゃんと飲み。ユウゴくんオススメの「宿場」っていう居酒屋さんへ。なかなかよかった。今度は休日前にゆっくり飲もうねって約束しました。





次は待ちに待ったseagulloopライブ。
2/16(土)@横浜BAYSIS
GRAND COLOR STONEとのツーマンライブです。


楽しみです。
TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

the front ワンマンライブ 3/3

the frontワンマンライブに行ってきました。

2012.12.7(Fri)@渋谷七面鳥
『素敵庵 vol.3/3』

the frontメンバー
青葉紘季
磯部俊行
ベクトルユーゴ

the frontはボーカリスト3名で結成されたバンド。2/3回目で突然活動休止を宣言していたんですけど、人気復活により(笑)今回無事3回目が開催されました。

小さなライブハウスは女子でいっぱい。後ろの方に座るとほとんどステージが見えない状態だったけどビール飲みながらのんびり。こういうのすごくいい。

この日は3人ともスーツ姿で登場。磯部さんはコートまで着用。ヒロキさんはノーネクタイで少しラフな雰囲気。ユウゴくんはなぜか喪服。笑

3人とも素敵だった。
ヒロキさんめっちゃ似合ってた。
こんなかんじ。

the frontのうた、からスタート。

セットリストは。。
うーん。。

うーん。。

順番わかんない。
思いつくまま書いてみる。

the frontのうた
バンビーナ
中華か寿司
Mr.freeman
お金を貯めて愛を買う
子メーターブギ
No Music No Pex
一年ぶりに嫁を抱いた
一年に夫に抱かれた
一年前からパパとママが何かをしている
WiのFi


あとなにかあったかな。。

新曲があったような気がしたが
思い出せない。



とにかく。
この日の目玉はなんたって
一年ぶりシリーズの第三弾。

まさかのまさかの
8歳の男の子「健司」の目線の物語。笑

嫁を抱いた、夫に抱かれた、の2作は続けて披露されました。
やっぱり抱かれた編はしんみりしてしまう。
すごくリアルなんですもの。

ああ、あたしにもこんな当たり前の幸せな日常があったなあ、と。



健司目線はどんな感じなんだろうとワクワクしてました。
子供の視点であることを感じさせる明るい童謡のようなピアノ音。
朗読する声や口調が子供っぽい。すごい!演技してる。笑

「一年前からパパとママが何かをしている」
ってよく考えたなあ。

ママを守らなきゃ。
ママは別に仲間じゃないけど。

っていうフレーズが好き。かわいい。
ほんと言い方がかわいかったー笑

パパとママの寝室から声がしたからドアに耳をあてて聞いたんだ、って、もうここからはおもしろく進んでいくんだろうってワクワクしてたのに、なんと、パパは癌だった、、という驚きの展開。

まじかー。
そうきたかー。



少しフクザツだったけど、
ヒロキさんの優しさとか真面目さが伝わってきた。





えっとそれから。この日も子メーターのお話を長々とお話くださいまして、わたしはもう2回聞いてますのでね、すみませんお手洗いへ。w





ライブ後は、色紙にありがたいお言葉を書いてくださるとのことで長い行列ができていました。なんだか、にじむやつ、と、にじまないやつ、の2種類があったようです。にじむやつ、の方が少し高かったようです。笑

売り切れてしまったようなので、壁に貼ってあった「にじむやつ入荷しました」と書いてある紙をいただいてきました。(このくだり行ってない人にはわからないだろうなあ)苦笑





最後の最後まで楽しいライブだった。表情筋が鍛えられるんじゃないかって思うくらい笑った。そしてとてもとても幸せだった。

これで終わりなんて言わずまた是非復活してほしいと心から願ってます。
TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

seagulloop TOUR FINAL

もうだいぶ経ってしまったんだけど。。

seagulloop「扉」ツアーファイナル
ワンマンライブに行ってきました。

2012.11.25@横浜BAYSIS
「TOUR 2012 "U" - グンナイ!さっさと寝ろよコノヤロウ!」

春のツアーが「ウェイクアップいつまで寝てんだコノヤロウ」だったから、そう考えればまぁ妥当なネーミングなんだけど、ここ最近のイヤな予感がだんだん高まってきて、ファイナル直前にはなんだかもう泣きそうな日々。。

イヤな予感。。そう。シーガがいなくなってしまうんじゃないかという不安。


そんな不安を抱えて横浜ベイシスへ。


SEが鳴ってメンバー登場。
ステージ中央、右手の拳をさっさん(佐々木さん)の方へ突き出すヒロキさん。つったが加わり、そして5人全員で合わせる。

・・ここでもう既に泣きそうになる。



前回の名古屋ワンマンと同じ、「海月」から始まった。

海月のイントロが鳴っただけで胸が高鳴る。中盤のさっさんのギターが素敵。ここ最近「一筋の光を」のとこで人差し指突き上げたくなるのを抑える。抑えるっていうのもヘンなんだけどね。

「メリージェーンをもう一度」は原曲は乱さんのベースから始まるのだけど、ここ最近はヒロキさんのアコギから始まる。このアコギがたまらなく好き。(これ以降、たまらなく好き、がいっぱい出てくると思うので悪しからず)

メリージェーンの続編(らしい)「糸」へ。あああもう声が甘い。色っぽい。先日アルバム「扉」を友人に聴いてもらって、どうだった?って聞いたら、「青葉さんの声ってこんなに甘かったっけ?」って言ってたけど、はい、年齢を重ねて色っぽくなってまいりましたね。


ここで最初のMCだったかな、忘れてしまった。横浜に帰ってきたー!!って言ったとき、「おかえりーー!」って言いたかった。心の中で言った。

次は「リズム」、そして「答え合わせをしようか」とヒロキさんいたずらっ子のような顔をして言って始まった「答え合わせの毎日」。最初この歌はあまり好きではなかったんだけど、今では大好き。やばい。きゅんときた。うんうん。「君がいれば不可能はない」だね。



確かここでMC。セトリをあとで見ると、ここにMC挟まない方がいいような気がするんだけどね。内容は先日の大阪?神戸?ライブ中に乱さんのベースとぶつかってヒロキさんの大切なギターのネック部分に亀裂が入ってしまったお話、だったと思う。ユウゴくん紹介のお店で無事修復できたそうです。よかった。

そのときの様子をシミュレーションするとき乱さんが思いっきり寄って来たのでヒロキさんギター抱えて座り込んでしまったんだけど、そのときの表情がめっちゃびびっててかわいかった。あんな顔見たことない。笑



何度やってもいい曲だと思う、と「太陽」へ。本当に名曲だと思う。つったのピアノ音が鳴ると鳥肌たつ。泣きそうになる。いますぐききたいよ声がきかせてよ、のとこがたまらなく好き。

アウトロからかぶせるように「光」。前回の名古屋ライブのときもたぶん書いたと思うけど、柔らかくて繊細なのに力強い。圧倒的なバンドサウンドにただただ呆然とする。体全体がふわーっと金色の光に包まれていくような感覚。後半、ありがとうこのままでいたいけど..のとこで号泣。



ここでヒロキさんアコギからエレキギターに持ち替える。つったの鍵盤の音が鳴る。前回名古屋も見たはずなのに一瞬なにが始まるのか忘れる。静けさの中からピンスポットを浴びたヒロキさんのギターから始まる「真空」ものすごくかっこいい。

はい。ここで逝きました。笑


続く「レインマン」でももう釘付けですよ。真空、レインマンとくるのがもうたまらない。やばいです。ありがとうございます。




盛り上がっていけるのか?!といつも通りの上から目線な煽りを入れて「3969」へ。そのまま「フェアリーテイル」だと思ったらなんと「supanova」がきた!!迫さんがかっこいい!!(?)笑

セトリを変えてほしい、というより足してほしい、と言った願いが届いたのか、いや、きっと偶然だろうけど、この曲が聴けて嬉しかった。



この辺りから、だったと思うけど、不安はまったく消えていた。楽しくて楽しくて。ステージにいるメンバーもみんな笑顔だし最後だっていう悲壮感がまったく感じられなかったから。


フェアリーから木天蓼はもうホント、勘弁してくださいっていうくらいかっこいい。これはいつかね、ぎゅうぎゅうにもみくちゃにされたフロアで跳んで汗だくになって聴きたいのですよ。さっさんがギターソロのときに前に出てくるのもめっちゃかっこいいし、フェアリーの最後のヒロキさんのギターがやばいのです。きゃー、とか言いたくなる。(必至に堪えてる)



そしてここでMCだったかな。。
少し神妙な面持ちで話しはじめるヒロキさん。え。。まさか。。楽しかったのにやめてほしい。。サラブレンドの頃の話からいろんなところへツアーへ行った話。。後輩のバンドマンたちから「兄さん」と慕われている(誰も尊敬してないって言ってた。笑)話。。やめて。。ほんとに。



この中に、俺らが辞めると思ってた奴いるだろ?!

辞めないからな!!!俺らは辞めない。続けていくんだからな!!!

と言った。(曖昧だけど)

握りこぶしを作って大きな声で言った。




バカヤロウ・・なんなんだヘンな間をもたせやがって・・

たくさんたくさん心配したんだからね・・

(号泣)




そして「扉」
なんなのこの演出。号泣ですよ。
嬉しいのとホッとしたのとなんだかむかつくのとで、感情が上下左右右往左往していた。次の「U」でも涙止まらず。




アンコールで再び登場し「栞」。いつもにも増してヒロキさんのまなざしが優しい。そして最後は「I」。大切な大切な、シーガの思いが詰まった曲。空と旅路の境界線が涙でぼやけてたんだ、のとこ初めて聴いたときに胸が苦しくなったのを思い出した。涙腺はさらに崩壊。気がついたらつったも泣いてる。









セットリスト(青葉紘季ブログより)

01 海月
02 メリージェーンをもう一度
03 糸
04 リズム
05 答え合わせの毎日
06 太陽
07 光
08 真空
09 レインマン
10 3969
11 supanova
12 フェアリーテイル
13 木天蓼
14 扉
15 U

enc~
01 栞
02 I





ライブが終わって振り返るとなっちゃんが泣いてた。
顔中ぐっしゃぐしゃにして。





seagulloopは私にとってかけがえのない人たち。初めて出会ってから8年が過ぎた。この間にいろんなことがあって、私はだいぶ年をとったけど、変わらずに今も彼らを愛してる。この人たちがいなくなったら私は生きていけないかもしれない。

大袈裟かもしれないけど、彼らは私の生きる希望です。
続けていく選択をしてくれて本当にありがとう。

これからもよろしくね。

TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

太陽吠え〜るず vol.3

「太陽吠え〜るずvol.3」というイベントに行ってきました。

2012.11.30@横浜BAYSIS
出演:サガユウキ、岡本雄希、青葉紘季、石田匠、ベクトルユーゴ、三輪美樹生(出演順)

石田匠さんが発起人、なのかな。毎回幹事制になっているようで、今回の幹事は三輪さんだったそうです。打ち合わせやリハのあとは毎回?カラオケに行くそうです。。


ステージには全員のギターが横一列に並べられていました。写真撮りたかったなあ。石田さんの黒いギターとひろきさんのはすぐにわかりました。

各持ち時間のうち1曲は他の出演者とのコラボがあるのもこのイベントのひとつの楽しみでもあります。石田さんとひろきさんの「カモメ」、ベクさんと三輪さんの「つけまつける」が特に印象的でした。


☆青葉紘季セットリスト

流星
月啼鴎
涙のキッス(サザンオールスターズ)with岡本雄希


☆ベクトルユーゴ セットリスト

ドコマデモア
グーベリ
休日、電車に乗って
つけまつける(きゃりーぱみゅぱみゅ)with 三輪美樹生
ことば。



ひろきさん、珍しくおひとりで登場。ソロユニット「aobahitori」はほとんどひとりで出ることはなくよく話題のネタにされてましたが。ご本人は4年ぶりくらい?っておっしゃってましたが、うーん。。ひとりで出たの見たような気がするんだけどなあ。。。

まさか「流星」が聴けるとは思わず1曲目からじーんときて泣きそうになりました。この季節に聴くと本当に沁みます。

そして先週のワンマンライブの余韻が残ってる中「I」。大好きだからやっぱり嬉しい。この日はちゃんと一緒に歌えた。

次の「月啼鴎」にいく前だったかな、(後だったか、記憶がw)出演者同士がそれぞれ質問をするというコーナーがあるんですけど、小さな紙切れに質問事項が書かれていてそれを読んで答える、というちょっと自虐的な時間です。

えっと。。内容は内輪ネタばかりなのであんまり思い出せない。seagulloopではあんまり話題に出てこないひろきさんのアゴ話が出てくるので(質問者はいつも三輪さんw)めっちゃおもしろい。最近顔が長くなった(アゴが成長している)気がする、なんて。。ひろきさんそんなこと言う人じゃなかったはず(笑)

久しぶりに聴けた「月啼鴎」しびれましたねぇ。なんか鳥肌たちましたよ。。

コラボ曲はサザンの「涙のキッス」。やばい。。めっちゃきゅんときた。ずっとドキドキしてた。ひろきさんの声によく合ってましたね。

最後は「栞」。大好きな曲。ハッピーエンドを信じて、と歌いはじめるのも好き。(ま、全部好きなんですけど)ひろきさんの目線というか表情というか、がとてもとても優しくて涙が出そうでした。




ベクさんは、久しぶりに「グーベリ」が聴けたのが嬉しかった。三輪さんとの「つけまつける」は面白すぎました。嬉しそうにはじけてるユウゴくんの隣で歌う、死んだ魚のような目をした三輪さんの表情が対照的でした。笑 演る前に「ほんとにこれがやりたいのか?」って念を押したそうな。

「休日、電車に乗って」は亡くなったお父様のお墓参りにいくお話のようです。「空にはきみがいるから」っていう歌詞があるから、最初はねこのモルモちゃんのことなのかなあ、って思ったんだけど「ダディ」って歌ってる。とてもとてもいい歌。ユウゴくんの作るメロディはいつも私の琴線に触れるのです。最後に歌った「ことば。」もステキでした。




石田さんが選んだ「カモメ」という曲でひろきさん登場。なんというオシャレな演出なんでしょう。野狐禅(竹原ピストルさん)という人の曲で(なんて読むの)心に染み渡る切ない歌でした。動画があったので載せてみます。


石田さんの色っぽい声が本当に素敵でした。しびれました。ひろきさんが歌ったサビの部分が頭から離れず。胸の奥をぎゅっと掴まれたような感覚でした。




この日のひろきさんは声の調子がとてもよかったように思いました。ゴキゲンがよかったのか、最後のセッションでのはしゃぎっぷりがかわいかった。あれ、最初にやったのはなんの曲だったっけ。Choo Choo TRAINで笑いすぎて忘れてしまった。終始後ろで跳ねてるのかわいすぎた。笑

あんなにかわいい青葉紘季見たことない(笑)ベクさんと肩組んで歌うのも見ていてきゅんときました。



来年もまたやってくれる、とのことで、どんどんメンバーを増やして野球ができるくらいになりたいと仰ってましたが。。。この日6人だけでも4時間半超え。。これ以上長丁場だとつらいかもです。いっそのことフェスにしちゃってください。笑



写真。うまく撮れなかったけど。

TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

seagulloopワンマンライブ@名古屋HEARTLAND STUDIO

seagulloopワンマンライブに行ってきました。

2012年11月10日(土)
@名古屋伏見Heartland Studio

名古屋まで行っちゃいました。

名古屋でのワンマンは2年ぶりだそうです。
確か2年前も行った。そのときにちょっぴり切ない想いをして、二度と遠征はしないって決めてたんだけど、横浜ワンマンまで待ちきれず行っちまいました。

今回も迷ったけど、思い切って行ってよかった。
聴きたかった曲も聴けたし、
最初から最後まで本当にかっこいいライブでした。


yuinaさん撮影の写真、ステキです。

seagulloopスタッフnyaoさんのBLOGにも写真がいっぱい☆



ここからは曲名を載せているので
横浜ワンマンを楽しみにしている人は
見ないようにね。

つぶやかないでね、って言われてたから
Twitterには書かなかったけど
忘れちゃいそうなので感想を少し。


☆↓ネタバレあり↓☆


続きを読む >>
TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

the front @四谷天窓.comfort

the front 第2回目のワンマンライブに行ってきました。

2012.10.27@高田馬場 四谷天窓.comfort
the front『素敵庵 vol.2/3』

2/3、なので3/3があるはず。
次の日程も決まっていたはず。
なのに、この日をもって解散、らしい。


前にも書きましたがthe frontメンバーは

青葉紘季(seagulloop)
磯部俊行(サスライメイカー)
ベクトルユーゴ

サポートメンバーは
ギターさっさん(佐々木さん)、カホンseinaちゃん、鍵盤つったくん。

会場はたくさんの風船とキャンドルでメルヘンな空間に。
(スタッフさん、メンバーさんから拝借)




メインメンバーは前回と同じく"子メーター"調査会社の作業着で登場。

こちらはアンコール時


セットリストがUPされるの待ってるんだけど一向にあがらないので、曲数、曲名順不同でとりあえず書いときます。あとで編集します。


the frontのうた
中華か寿司
バンビーナ
子メーターブギ
Mr.freeman
NO MUSIC NO PEX
お金を貯めて愛を買う
1年ぶりに嫁を抱いた
1年ぶりに夫に抱かれた
WiのFi



完全オリジナル曲のみの編成でした。
っていうか、オリジナルなのか?っていうちょっとアヤシイのあるけどね。


前作「1年ぶりに嫁を抱いた」のアンサーソング?とても楽しみにしてたのですが、ちゃんと期待に答えてくれました。「1年ぶりに夫に抱かれた」(笑)これまたヒロキさんの朗読。


あ、ヒロキさん、じゃなくて
トニーアンバササワーさんw
っていうか、今回はご本人たちも、なんだっけ、とちょっとめんどくさいご様子でしたね。なので割愛。新しく加わった鍵盤つったがツッタマンチェスターユナイテッド、とちょっとかっこよかったけど。


2曲続けての演奏、朗読あと、長い長い、って言われてたけど、めっっちゃ惹き込まれてしまってたから長いなんてまったく感じなかった。ご本人も言ってましたけど、歌詞というよりもはや小説の域に達してるようなクオリティでした。冗談抜きでCD欲しい。笑

「抱いた編」では、サラリーマンの悲哀がよく表れていて、1年ぶりに嫁を抱いた、を「妻を」と替えて歌うところではなんだかじーんときてしまうのです。そのあとはもう笑いを誘う内容なんですけどね。”ケンジ(子供ね)が寝た。嫁を抱いた。ケンジが起きた。嫁を抱いた” のとこは思わずえーーーっ!と突っ込みたくなる。笑

最後フェイドアウトしていくところは完璧に "ヒロシです" だよねww笑



「夫に抱かれた編」は、奥さんの目線で描いたお話。35歳男子にそんな気持ちが一体わかるのもんなのか興味津々でしたが、かなりリアルな描写に驚いてしまった。リハでは笑いが起きたという「1年ぶりにルージュをひいた」のとこは、笑うどころかほんとにしんみりしてしまったのですよ。たぶんほとんどのお客さんがそんな感じだったようで、笑いが起きるどころかしーんとしてましたねぇ。

次は息子ケンジからの目線...という話も出てましたけど、それはちょっと微妙かな。だって8歳なんでしょ(笑)ケンジが18歳くらいになってからのお話だったら面白いかもだけど。



それから、磯部さん作の「お金を貯めて愛を買う」は、seinaちゃんの歌なの?(笑)って一瞬笑ったのも束の間、あまりにも切なくて哀しい曲だったのでびっくり。ユウゴくんのアコギがすごくよかった。
歌詞はこちらに。


あと全体的に、ハロウィンの帽子を被ったさっさんが終始真顔でエレキを掻き鳴らしてる姿がめっちゃかっこよかったです。


seinaちゃんとつったは超かわいかった。
ふたりとも似合いすぎるw

あと。さっさんのつぶやきより。
これで登場してほしかった。



前回と比べると迷いがあるのか、時間が足りなかったのか、会話のやりとりに少しキレがなかったけど。だけどすごくすごく楽しい時間だった。
たくさん笑わせてくれてありがとう。


あ。今回は全曲オリジナルということでそれぞれの楽曲の演奏はなかった。「すいすい」聴きたかった...




最後ヒロキさんがfrontやめない、続ける、って言ってくれたのが嬉しかった。いろんな事情があるんだろうけど...思い出したときにたまにでいいから、またやってほしいです。路上でもいいので。ひとりでもね(笑)

TOPへ
seagulloop | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング
/ 1/20PAGES / >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
adminrssstom
About
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links

J-wave
horoscope
Booklog
counter
qrcode
↑ケータイで読む↑

Recommend
DAY TO DAY(DVD付)
DAY TO DAY(DVD付) (JUGEMレビュー »)
STRAIGHTENER,Atsushi Horie
MAZE
MAZE (JUGEMレビュー »)
Nothing’s Carved In Stone
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】 (JUGEMレビュー »)
seagulloop渾身の1stフルアルバム。優しくて切なくて、でも前を向ける力強さもある。繰り返して何度も聴きたくなる素敵なアルバムです。
Strangers In Heaven
Strangers In Heaven (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
REVOLT
REVOLT (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
Silver Sun
Silver Sun (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
SOFT
SOFT (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
STRAIGHTENER
STRAIGHTENER (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
COSMONAUT
COSMONAUT (JUGEMレビュー »)
藤原基央,GEN ITTETSU
とげまる
とげまる (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
CREATURES
CREATURES (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
CHRONICLE(DVD付)
CHRONICLE(DVD付) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
MUSIC
MUSIC (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
Insomnia
Insomnia (JUGEMレビュー »)
細美武士,徳澤青弦
Man-like Creatures
Man-like Creatures (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ストレイテナー,ホリエアツシ,aus
Trash We’d Love
Trash We’d Love (JUGEMレビュー »)
the HIATUS
ELLEGARDEN活動休止中の細美武士ソロプロジェクトthe HIATUSの1stAlbum。
よりロックに!より美しく!
細美さんのまっすぐな想いが痛いほどに伝わる大切な大切なアルバムです。
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
seagulloop / 3969 【CD】
seagulloop / 3969 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2ndミニアルバム。
過去は振り返らない。前に進んでいこうとする強さを感じる全6曲。
loop
loop (JUGEMレビュー »)
seagulloop
1st Mini Album。冬に聴きたい「流星」は名作。「木天蓼~matatabi light menthol~」大好き。
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD] (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
HANABI、GIFTなどシングル曲満載の豪華なアルバムです。キラキラ感がたっぷり。「少年」「声」は名作です。特に「声」はライブで観客にマイクを向ける幸せそうな笑顔いっぱいの桜井さんが目に浮かびます。
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
1曲1曲すべて愛しいです。
「ギルド」は聴くたび涙が出ます。
Nexus
Nexus (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
orbital period
orbital period (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,BUMP OF CHICKEN,藤原基央
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
FLAME VEIN [+1]
FLAME VEIN [+1] (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
X&Y
X&Y (JUGEMレビュー »)
Coldplay
「FIX YOU」は私にとって永遠の名曲です。
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付)
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付) (JUGEMレビュー »)
TRIPLANE,江畑兵衛,Makoto ATOZI,笹路正徳
TITLE
TITLE (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
リニア
リニア (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
Dear Deadman
Dear Deadman (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
旅立ちの唄
旅立ちの唄 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
HOME(通常盤)
HOME(通常盤) (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
B-SIDE
B-SIDE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
馬場俊英,五十嵐宏治,渡辺剛,小渕健太郎
ap bank fes’07 [DVD]
ap bank fes’07 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists
しるし
しるし (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
フェイク
フェイク (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
to U
to U (JUGEMレビュー »)
Bank Band,Salyu,桜井和寿,小田和正
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Takeshi Kobayashi,Kazutoshi Sakurai
Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1992-1995 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Mr.Children 1996-2000
Mr.Children 1996-2000 (JUGEMレビュー »)
小林武史,Mr.Children,桜井和寿
ap bank fes’06 [DVD]
ap bank fes’06 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists,Mr.Children
ap bank fes’05
ap bank fes’05 (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists & Mr.Children
Q
Q (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
DISCOVERY
DISCOVERY (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
BOLERO
BOLERO (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史