<< ネタバレって。 | main | もう2015年が終わるなんて! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
- | - | - | 応援! ブログ村ランキング

Mr.Children未完ツアー@日産スタジアム(ネタバレあり)

ミスチルさんライブ
日産スタジアム2Days、行ってきました。


9/6は息子がファンクラブでゲットしてくれて。
9/5は急遽チルトモさんが誘ってくれて。

しあわせな2日間だった。


5日はアリーナの後ろの方。
東京ドームのとき、90列くらいでほとんど見えなかったんだけど、それよりさらに遠く130列くらい。ほぼ見えないどころじゃなくまったく見えない(笑)スクリーンも下の方は見えない。

で、見えない、って嘆くのをやめた。見るのをやめた(笑)

Mr.Childrenの奏でる音を聴きながら、今にも降り出しそうな空を見ていた。ほんのちょっとだけパラパラ、、って雨が落ちてきたときがあったけど、「今ちょっと降ったよね。間違えちゃったよ笑」って曲が終わった後桜井さん言ってた笑

流れていく雲を見ながら、風を受けながら、すごく幸せを感じてた。



この日すごく驚いたことが。

あたしたち4人が席に着いた時、突然声をかけられた。
なんと隣の席にうーちゃんご夫妻がいた!

びっくらこいたわー。
69000人もいる中で、超久しぶりの再会。

運命感じちゃったね。嬉しかったー。





そして昨日。9/6は一生忘れられない日になると思う。

どしゃ降りの雨の中の素晴らしいライブだった。



(このあとはネタバレあります)

 


(この先ちょいちょい曲名出てきます。セトリも載せます。ご注意を)



5日は、菊名経由で小机まで行った。
湿度が高くて暑くて暑くてスタジアムに着く頃にはなんだかもうぐったりしてしまった。よっこちゃんと無事合流できて、チケットにスタンプ押していざ会場内へ。

さっきも書いたけど、まったく見えなくて見るのを諦めたんだけど、前列にお子さん二人連れたご家族がいて、ちょっと嫌な予感がした。数年前の新潟だったかな、場所は忘れちゃったけど、目の前にいた子供たちが椅子の上で端から端まで走り回ったり、飽きてしまってぐずったり、椅子の上に立つのは危ないし、だんだんイライラしてきちゃって思わず声かけたら逆ギレされた、っていうトラウマがあって。

今回はそういうことはなかったけど、やっぱり子供はじっとしてないし、長身のパパが子供を抱っこしたりするとそれこそまるでなにも見えなくなるから、気になってなかなか集中できず。二人の子供たちはママにべったりで、パパも乗り切れない様子。預け先がなかったんだろうけど小さい子にはかわいそうな環境だよなあって思いました。


この日は疲労感がはんぱなくて、最後の曲を諦めて帰ることにした。Starting Overを背中で聴きながら小机駅まで急ぐ。同じような人がけっこう多くて少し焦る。急ぎ足で駅に向かった。駅に着く頃はもう息も絶え絶えで倒れてしまいそうだった。大袈裟じゃなくてほんとうにきつかった。

乗り継ぎ駅で階段降りる時、右膝に痛みが走る。なんとか引き摺って帰宅。明日はだめかもしれない。。。ああもう太りすぎだ!体力なさすぎだ!!情けない。。




6日は朝からどんよりで、今にも降り出しそうな空。

昨日みたいにたくさん歩くのは絶対ムリだと思って、溝の口からスタジアム前まで直通バスを使うことにした。どうして前日もバスにしなかったんだろう。。すごい楽チンだった。しかもちょっと遠征気分を味わえる。

4時に現地で息子と合流することになってたから、少し早めに出てきたんだけど正解だった。乗り切れなかった人たちがたくさんいた。途中高速に入るから全員着席乗車しなきゃいけない、らしい。

これは、バス待ってる時に偶然会ったチルトモさんから聞いた(笑)びっくりしたわー。家がそんなに近くないはずなのになぜここに?って。これも偶然できっと必然。会えて嬉しかった。




スムーズに到着して4時前に着いた。雨はだんだん強くなってきてる。会場に入る手前の高架下でカッパ着用。もうスニーカーはびしょびしょ。チルトモさんはかわいいビーサン履いてる。そっかー。ビーサンがよかったなー。。

当日引換券のチルトモさんとはここでお別れ。あたしは東ゲートに上がる手前の屋根のあるとこで息子を待つ。雨が激しくなってきた。豪雨である。入場口が空いている今のうちに中にお入りくださーい!とスタッフさんがずっと叫んでたけど、中に入ってもアリーナだったらつらいだろうに。。と思いながら聞いてた。



その後、息子と、その友達とその彼女と無事合流。
席はステージ寄りの1階席。目の前が通路で見晴らしがよい!見える見える!肉眼で見える!!!

ただし屋根の位置が微妙でスタンド席なのにカッパ着用のまま。荷物はビニール袋に入れて椅子の下へ。

ミスチルライブは、というより、ライブ自体が初めてだという息子の友人とその彼女はスマホを取り出しておもむろに撮影しようとする、のを止める。そうか。撮影しちゃう人って、撮影禁止ってことを知らないんだね。悪気ないんだね。思わず撮りたくなっちゃうよね。




始まった。

Mr.Children 未完ツアー
2015年9月6日 
日産スタジアム


前日も思ったけど、室内と違って照明が落ちたりしないので始まりは唐突である。出てきて準備をするメンバーが見える。オープニング映像。鳥?銃で撃たれる?羽がひらひら。。英語でのナレーション。私たちは知ってるようで何も知らない、的な。。ああ、だから鳥かごとかのTシャツがあるんだ、、とぼんやり思う。3回目なのにほぼ覚えてないw

桜井さんは白いシャツに白いリストバンド。ああ、白いの買えばよかったな。桜井さんはやっぱり白が似合うってば。


未完からスタート。

東京ドームが始まる前、1曲目、未完だと思わない?って息子に言ったら、どーかな、、と素っ気なかったけど、当たって嬉しかった。今回はわかりやすかったかな。



セットリスト

01.未完
02.擬態
03.ニシエヒガシエ
04.光の射す方へ
05.CHILDREN'S WORLD
06.運命
07.FIGHT CLUB
08.斜陽
09.I Can Make It
10.忘れ得ぬ人
11.and I love you
12.タガタメ
13.蜘蛛の糸
14.REM
15.WALTZ
16.フェイク
17.ALIVE
18.進化論
19.終わりなき旅
20.幻聴
21.足音 〜Be Strong

encore

22.I wanna be there
23.overture〜蘇生
24.fantasy
25.Tomorrow never knows
26.innocent world
27.Starting Over






全27曲、、約3時間半、すごい。。最初チケット代高いなあって思ってしまった自分を殴りたい笑 8100円でこの内容、クオリティーは、安すぎるよ!!!

新曲とライブ定番曲を見事に織り交ぜていて、ミスチルをよく知らない人にも楽しめる内容だったと思う。未完から光の射す方へまでで一気にテンションが上がる。

東京ドームでは花火は1回、ニシエヒガシエのときだけだったんだけど、光の〜でどどーん!ときた時すでにテンションMAXよね。雨ひどかったから心配だったけど、スタッフさんも苦労が多かったのでは。



ライブでやるのは20年ぶりだというCHILDREN'S WORLD、久しぶりすぎて最初何の曲かわかんなかったw たぶん聴くの10年ぶりくらいw (いつも飛ばし.....)

チュッチュッ、、のとこは、seagulloopのメリージェーンをもう一度をひとり思い出していた。。w



そのあとは新曲が続く。順番は少し違うけどアリーナツアーとおんなじかんじ。未完ツアーではROLLIN' ROLLIN' 聴けるかなーって思ってたから少し残念。



ここでメンバー紹介。
キーボード弾きながらほとんどコーラスしてくれてるサニーさんを、キーボードそしてボーカル、サニー!!!と紹介。前回のツアーからサニーが戻ってきてくれて本当に嬉しい。

東京ドームでは、コブクロの小渕くんくらいハモってる、と確か言ってたけど、日産では、ゆずの岩沢くんくらい、って言ってた。


そのあと、桜井さんがJENを紹介。
愛すべき、愛されるべき、そしてちょっとだけ恥ずべき(!)ドラマー、鈴木英哉!と。

で、JENがナカケー、健ちゃん、桜井さんの紹介をした。なんだろうな、あのうぇぇ〜〜〜い!の舞いはww 「誰よりも音楽を愛する天才!そして変態!桜井和寿!」て。。。

ナカケーも健ちゃんも、こんばんは、ってクールにご挨拶。ナカケーはJENのまねをちょっとしたりして。健ちゃんは、こんばんは、のあとに、暑い、あたたかい音楽を届けられたら、的なことを言ってた。違うか。夏の思い出ができたら嬉しい、って言ってたかな。。記憶が。。。


Mr.Childrenは、クールなギタリストとベーシストと、恥ずべきドラマーと、変態ボーカルで成り立ってます。



ここでだったかな。忘れちゃったけど、もうすでにずぶ濡れの桜井さんがお客さんを煽る。

どうだまだ降ってるのか〜?!これはこれで気持ちいいだろー!!!一緒に濡れるぞー!!!いやらしい意味に聞こえないようにしようと思ったけどいやらしい意味でもいっか!!!

と、変態っぷり全開のトークです。さすがです。

いいんです。
69000人みんなで濡れました。

(7万人、って盛らないとこ好き)



JENも濡れたいだろ!と、全員が花道先端へ。
雨がひどかったら花道でのライブは中止されるかもしれない、ってチルトモさんが言っていて心配だったけど、やった!スタッフさんずぶ濡れで準備していてくれてたんだね。


立て続けに男っぽい曲をやったので次は女性らしい歌をやりたいと思います、と 忘れ得ぬ人を。

その後、愛、についてのお話を。これは毎回おんなじやつ。愛について、ネットで調べたというお話。好きの反対は嫌い、でしょ。じゃあ、愛の反対はなんだろう、って。憎しみとか、無関心とか、うんうん。実際にぐぐってみたら、そう載ってる。

うん。無関心だと思うなあ。わたしも。

で、この話はいったん置いといて、と。ブッダのお話へ。
ある日、子供を亡くしてしまった母親がブッダのところに行って、この子を生き返らせてくださいとお願いする。ブッダは、わかった生き返らせてあげよう、ただし、これから街へ行って、今まで一度も死者を出していない家のケシの実(花だったかな...)をもらってきなさいと言った。

母親は亡くなった子を抱いて一目散と街へ向かった。でも死者を出していない家など一件もなかった。。。憔悴して戻ってきた母親にブッダは、生きている子供は生きたまま愛せばいい。死んでしまった子は死んだまま愛せばいい、と言った、と。

そして桜井さんは、愛とは想像力だと思った、と締めくくった。


(たぶん。。正確にはわかんないけどこんなかんじ)


そのあとの and I love you は泣けた。そのアウトロから続く タガタメ は震えた。無数の星がスクリーンに映し出される。「この星を見てるのは」で、一瞬音が止まる。数秒。7万人弱の観客が一瞬静まり返る。(あ、この間に、はーい!って叫ぶ、はーいおばさんがいたらしいww)贅沢を言っっちゃいけないけど、晴れてたらなあ、星や月が見えたら素敵だなあと思った。

映像もとても印象的で目を引くものだった。泣きながら抱き合う人たち。。戦争はしてはいけない、っていう桜井さんの、Mr.Childrenからのメッセージだと強く思った。



その後メインステージに戻り、蜘蛛の糸、からのREM、は息子はあんまり好きじゃないらしい、けど、わたしは好き。続くWALTZは、雨が激しいせいもあり、桜井さんの狂気のような叫びに鳥肌が立った。圧倒的だった。

その後のフェイクは、きっとあれでしょ、ただ腰を振り続けるよ、をやりたいがために選曲したんでしょ、って思いたくなる笑



ALIVEでは会場がどよめく。わたしも東京ドームでイントロ聴いた瞬間に息子と顔見合わせておおおおってなった。

桜井さんはステージ右端(ナカケー側)で、動く歩道みたいなの、ランニングマシーンみたいなのに乗ってるw ひたすら同じ場所で歩いてる。暗い曲なのに最後は未来を感じる。すごく好きな歌。


進化論についての映像が流れる。365日の前に流れるアレみたいでちょっと違和感があったけど、これは桜井さんの息を整えるために必要な時間なんだと思った。わたしたちも。ちょっと座れる。

この曲を聴きながら、息子と並んでこの場所にいられることが幸せだと思った。わたしの思いが、間違いなく受け継がれてる、って感じた。



そしてブルーフラワー抱えた桜井さんは花道先端へ。ひとりギター掻き鳴らす。終わりなき旅。

何度も何度も聴いてる歌。だけど聴くたび胸が震える。日産初日、あのなにも見えない中、涙が止まらず自分でも驚いた。69000人の大合唱は圧巻だった。

幻聴のあと、本編最後の曲は、足音〜。アリーナツアーの時はちょっと芝居じみたかんじで、聞こえてるか?って歌う前に桜井さん言うんだけど(嫌いじゃない)今回はもう心の声みたいな、聞いてるよ!聞こえてるよ!!と叫ぶ。鳥肌鳥肌。


ああ。。桜井さんが健ちゃん側でスライディングしたのはどの曲だったっけ。思い出せない。前半一瞬花道で足滑らせてたけど、あえて豪快にスライディングしてた桜井さん。好きだーーーー




アンコールは拍手で迎えるもの、という固定観念を振り払われたかんじ。東京ドームのとき、ん?拍手少ない、ん?キラキラ光ってる、なになに?ってあたりを見渡してどーなってるの、って思ったんだけど、どうやらアンコール1曲目の I wanna be there では、会場にライトをつけず最小限の灯りで歌う、という演出のため、観客はそれぞれスマホをつけて照らしていたようだった。それを知っているファンが先走ってスマホをつけていた、ということらしい。

アンコールは拍手で迎えたいって思って今回も頑張ってみたけど、それはほんの少数派で。昨日は桜井さんも、きれいなライトで迎えてくれてありがとう、って言ってたもんね。うーん。でもやっぱりスマホで照らすのは好きじゃない。確かにきれいだったけど。みんなここぞとばかり撮影してた。撮りたくなる気持ちもわかる。仕方ない。

そのあとのあとのあと、Tomorrow〜でも、ひとりつけるとどんどん広がってきらっきらになっちゃうの、なんだかなあ、って思った。まあいいけど。



overtureが流れて、蘇生だ!って思った時は嬉しかったなあ。やるなあ。てんこ盛りだなああ。なんとなく勝手に、蘇生やるときはinnocent worldやらない、って思い込んでたから、イノセントきたときは嬉しすぎてテンションおかしくなった。銀テープ?飛ばすし。あれ一度も取れてないんだけど。。。3回参加したけど。。。いっこくらい欲しいよね。。。

間に来たfantasyは、うーん、、ここじゃない方がよかったなあ、なんてちょっと思いました。



アンコールに入ってから雨がまた強くなって、それまでギリギリ屋根の恩恵を預かっていたんだけど吹き込む吹き込む。カッパのフード下に青いみかんタオルを乗せる。(2列目以降はカッパ着用者ほぼいなかった)

この日も早く帰ろうかなと最初はちょっと思ってたけど、帰ることなんかすっかり頭から飛んでた。ああもう終わりだって思ったら無性にさみしくなった。

Starting Over。最後の力を振り絞って桜井さんは歌う。もうね、限界だったんだと思う。一瞬曲と歌がずれた。スガシカオさんのつぶやきによると、桜井さんはそのことをとても気にしていたらしい。でも、それも込みで、そんな桜井さんだからこそ、愛おしいって思ったし、すごくすごく感動した。



最後はメンバーが見えなくなるまで手を振った。普段はあんまり声を出さないけど(キャーとか、わーとか、うおーーー、とかは言うけどw)大きな声でありがとう!!!って言ったよ。

ありがとう。ほんとうにありがとう。

忘れられない日になった。

2015年9月6日、この日を生涯忘れない。

(最近忘れっぽいけど)



わたしはいくつになっても大人になりきれない部分があって、壁にぶち当たってばかりで、失敗ばかりで、何者にもなれず、とうとう偉くもなれず、そんな自分が情けなくて嫌いで、、

それでも生きていていいんだよ、っていつもいつもMr.Childrenの音楽に励まされてここまできた。

わたしはMr.Childrenでできている、と言っても過言ではないのだ。





ああ。。長くなってしまった。

すでに記憶が曖昧で、遠い昔の出来事みたいだ。昨日なのに。




前方にクレーン車みたいなカメラがあったり、空中も飛んでたからDVDになるのかな。なるといいな。

桜井さんと健ちゃんのアップには気をつけて編集してねw

楽しみにしてる。




次は、宮城と大阪を残すのみ。

京セラドームファイナルは思い残すことのないよう楽しんできます。
 
TOPへ
Mr.Children | comments(0) | - | 応援! ブログ村ランキング

スポンサーサイト

TOPへ
- | - | - | 応援! ブログ村ランキング
comments
Comment
It comments.









comments
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
adminrssstom
About
Selected Entry
Recent Comment
Categories
Archives
Links

J-wave
horoscope
Booklog
counter
qrcode
↑ケータイで読む↑

Recommend
DAY TO DAY(DVD付)
DAY TO DAY(DVD付) (JUGEMレビュー »)
STRAIGHTENER,Atsushi Horie
MAZE
MAZE (JUGEMレビュー »)
Nothing’s Carved In Stone
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】
seagulloop / 空と旅路の境界線 【CD】 (JUGEMレビュー »)
seagulloop渾身の1stフルアルバム。優しくて切なくて、でも前を向ける力強さもある。繰り返して何度も聴きたくなる素敵なアルバムです。
Strangers In Heaven
Strangers In Heaven (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
REVOLT
REVOLT (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
Silver Sun
Silver Sun (JUGEMレビュー »)
Nothing's Carved In Stone
SOFT
SOFT (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
STRAIGHTENER
STRAIGHTENER (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
COSMONAUT
COSMONAUT (JUGEMレビュー »)
藤原基央,GEN ITTETSU
とげまる
とげまる (JUGEMレビュー »)
スピッツ,草野正宗,亀田誠治
CREATURES
CREATURES (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
CHRONICLE(DVD付)
CHRONICLE(DVD付) (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
MUSIC
MUSIC (JUGEMレビュー »)
フジファブリック
Insomnia
Insomnia (JUGEMレビュー »)
細美武士,徳澤青弦
Man-like Creatures
Man-like Creatures (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ストレイテナー,ホリエアツシ,aus
Trash We’d Love
Trash We’d Love (JUGEMレビュー »)
the HIATUS
ELLEGARDEN活動休止中の細美武士ソロプロジェクトthe HIATUSの1stAlbum。
よりロックに!より美しく!
細美さんのまっすぐな想いが痛いほどに伝わる大切な大切なアルバムです。
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO
CLONE/DONKEY BOOGIE DODO (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
seagulloop / 3969 【CD】
seagulloop / 3969 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2ndミニアルバム。
過去は振り返らない。前に進んでいこうとする強さを感じる全6曲。
loop
loop (JUGEMレビュー »)
seagulloop
1st Mini Album。冬に聴きたい「流星」は名作。「木天蓼~matatabi light menthol~」大好き。
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD]
SUPERMARKET FANTASY [初回限定盤:CD+DVD] (JUGEMレビュー »)
Mr.Children
HANABI、GIFTなどシングル曲満載の豪華なアルバムです。キラキラ感がたっぷり。「少年」「声」は名作です。特に「声」はライブで観客にマイクを向ける幸せそうな笑顔いっぱいの桜井さんが目に浮かびます。
ユグドラシル
ユグドラシル (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
1曲1曲すべて愛しいです。
「ギルド」は聴くたび涙が出ます。
Nexus
Nexus (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
jupiter
jupiter (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,Motoo Fujiwara,Hiroaki Masukawa
orbital period
orbital period (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,BUMP OF CHICKEN,藤原基央
present from you
present from you (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央,直井由文
FLAME VEIN [+1]
FLAME VEIN [+1] (JUGEMレビュー »)
BUMP OF CHICKEN,藤原基央
X&Y
X&Y (JUGEMレビュー »)
Coldplay
「FIX YOU」は私にとって永遠の名曲です。
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付)
アイコトバ【初回限定盤】(DVD付) (JUGEMレビュー »)
TRIPLANE,江畑兵衛,Makoto ATOZI,笹路正徳
TITLE
TITLE (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
リニア
リニア (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー,ホリエアツシ
Dear Deadman
Dear Deadman (JUGEMレビュー »)
ストレイテナー
HANABI
HANABI (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
GIFT
GIFT (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
旅立ちの唄
旅立ちの唄 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
HOME(通常盤)
HOME(通常盤) (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
B-SIDE
B-SIDE (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付)
青春映画が好きだった(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
馬場俊英,五十嵐宏治,渡辺剛,小渕健太郎
ap bank fes’07 [DVD]
ap bank fes’07 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists
しるし
しるし (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
フェイク
フェイク (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
to U
to U (JUGEMレビュー »)
Bank Band,Salyu,桜井和寿,小田和正
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Takeshi Kobayashi,Kazutoshi Sakurai
Mr.Children 1992-1995
Mr.Children 1992-1995 (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Mr.Children 1996-2000
Mr.Children 1996-2000 (JUGEMレビュー »)
小林武史,Mr.Children,桜井和寿
ap bank fes’06 [DVD]
ap bank fes’06 [DVD] (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists,Mr.Children
ap bank fes’05
ap bank fes’05 (JUGEMレビュー »)
Bank Band with Great Artists & Mr.Children
Q
Q (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
DISCOVERY
DISCOVERY (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
BOLERO
BOLERO (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史
Atomic Heart
Atomic Heart (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,桜井和寿,小林武史